敬老の日の由来について紹介

敬老の日ってもともとどういう日ですか?
昭和22年(1947年)に兵庫県多可郡野間谷村(現多可郡多可町)で、村主催の敬老会を開催したのが始まりとされています。昭和25年(1950)に兵庫県が9月15日を「としよりの日」に定め、昭和41年(1966)に国民の祝日に関する法律が改正されて9月15日が敬老の日となりました。平成15年(2003年)からはハッピーマンデーの実施により敬老の日は9月の第3月曜日になっています。

敬老の日の由来

敬老の日の由来

■兵庫県多可郡野間谷村(現多可郡多可町)で昭和22年(1947年)に初めて村主催の敬老会を開催し、長い間社会に貢献されてきたお年寄りに敬意を表すとともに、知識や人生経験を伝授してもらう場を設けました。 

 

■当日は55歳以上の人を公会堂に招いて、ご馳走と播州歌舞伎がふるまわれたそうです。そして、9月15日を「としよりの日」と定め、村独自の祝日とすることにしました。

 

■その後、昭和25年(1950年)に兵庫県が9月15日を「としよりの日」と定め、県全体の催事としました。

 

■翌昭和26年(1951年)には、全国社会福祉協議会が「としよりの日」を全国的に推進することとなりました。

 

■このような経緯を経て、昭和41年(1966年)に国民の祝日に関する法律が改正されて、9月15日が敬老の日となりました。

 

■平成15年(2003年)からはハッピーマンデーの実施により、9月第3月曜日になりましたが、敬老の日の精神はそのまま受け継がれています。

 

■現在、「としよりの日」を始めた兵庫県多可郡多可町の八千代公民館前には、「敬老の日提唱の地」と彫られた高さ2mの石碑が建っています。

(兵庫県、兵庫県多可町、全国町村会HPより)